ソフトバンク・ペーニャがヒーローインタビューで叫んだ「摂津、セックス!」

印刷

   プロ野球「ソフトバンク」と「楽天」の試合がヤフードームで行われた9月11日(2012年)、試合後のヒーローインタビューでペーニャ外野手(ドミニカ共和国出身)が、摂津投手の名前をうまく発音できず、「セックス」と聞こえるハプニングがあった。

   勝利投手となった摂津と20号ソロホームランを打ったペーニャがインタビューを受けた。ペーニャは摂津を称えようということで、「1、2、3、 摂津!」という掛け声を提案したが、「セックス」と発音しているように聞こえてしまったのだ。あわてたアナウンサーがすかさず「聞こえましたか、 みなさん。1、2、3、『せっつー』でシメましょう!」とフォロー。ネットでは「アナウンサーよくがんばったな」「アナが頑張らなかったら放送事故レベル」などの声があがっている。球場中で「セックス!」て叫んだら、それはそれは面白いと思うけどなあ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中