「うつ病」食べて治す!ネバネバものに予防効果―食事変えたら気持ち明るく

印刷

   いまや20人に1人がうつ病といわれ、治療法は休むことと薬がメインだが、抗うつ剤が効かない人が3割以上もいる。最近は食事を改善することで治ることがわかってきた。ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、鉄分、亜鉛などのビタミン・ミネラル類、DHA、EPAなどの脂肪酸、トリプトファン、メチオニンなどのアミノ酸が、うつに関係が深いと見られている。

炭水化物とタンパク質ばかりから「野菜たくさん」に変えたらうつ回復

   有泉由美子さんは6年前にうつ病に罹った。食事の支度中に急にフラつきを覚え、次には風呂に入りたくないほど無気力になり、死ぬことばかり考える毎日だった。食欲だけはあり、夫が作り置きしてくれた食事と菓子パン、夜食に寿司と1日に8食も食べて、みるみる20キロも太って糖尿病も併発した。

   新しく主治医となった吉田寿美子医師から「栄養指導受けて下さい」と言われた。「肥満が解消すればうつ病も改善の可能性がありました。食事内容が変わると明るくなりましたね」(吉田医師)

   その栄養指導は野菜を多く食べる事だった。それまでの有泉さんの食事は炭水化物とタンパク質ばかりだったが、「いっぱいの野菜を鍋で煮て味付て、たくさん食べました」と話す。その結果、わずか3か月で中性脂肪の数値が280から173に落ち、糖尿病の指標値も6・3から5・3と改善し、うつ病も回復した。

ここでも強かった!納豆、オクラ、長芋…

   国立精神神経医療研究センターの功刀浩医師は言う。「うつ病が栄養指導でどれだけ治るかはまだ研究中ですが、葉酸を多く含む葉物(ほうれん草やブロッコリー)などの摂取が少ないと、うつ病のリスクが上がります。つまり糖尿病などの生活習慣病が、うつ病など脳に悪い影響を与えていたのです。食事を改めればうつ病も改善していきます」

   徳島大学・武田英二教授は糖尿病研究から提案する。「うつ病予防には納豆やオクラ、長芋などのネバネバ食材が効果があります。ご飯が消化されるスピードが遅くなり、血糖値がやや低めになるからです。糖尿だと3倍うつ病になりやすく、うつ病も3倍糖尿になりやすい。相関関係のある病気の共通項は血糖値なんです。うつ病改善のための葉酸・葉物だけではなく、ネバネバ食材もたくさんとって下さい」

  

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中