2018年 7月 22日 (日)

小林麻耶「私自身は『いじめ』だと全く思っていない」

印刷

   元TBSアナウンサーの小林麻耶(33)が職場で無視されていた経験を書いた9月5日(2012年)のブログ内容を元に、「いじめ」にあっていたと報じられたことを受けて、「私自身は『いじめ』だと全く思っていなくて、さらには暴露のつもりも全くありませんでした」と9月10日のブログで釈明した。

   5日の記事では「母です」と名乗る読者からの「幼稚園1年目で無視されています。いじわるな人はどうしてこうもいじわるなんでしょうか」という質問を載せ、他にもいじめに関するコメントが多数寄せられたことを紹介しつつ、小林は「私も会社に入ってからありましたよ!」「無視はつらい。まさか大人になって小学生みたいなことをされるなんて想像もしていなかったので、かなりショックが大きかった」などと書いていた。

   10日の記事では「いじめ」を否定しており、「嫌な思いを抱いてしまった方、ごめんなさい」と伝えた。「誤解されるのはとても辛いことですが、誤解される文章を書いてしまったから、誤解されないように行動したいと思います!!!」と「誤解」であることを強調している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中