2018年 7月 20日 (金)

橋下徹「有識者もコメンテイターもバカばっかり」あれ?市長さんもやってなかったっけ…

印刷

   橋下徹大阪市長が代表の「大阪維新の会」がきのう12日(2012年9月)、大阪市内のホテルで国政進出を目指す新党「日本維新の会」結党宣言を行った。「朝ズバッ!」によれば、橋下は喜色満面で「今のニッポン、東京一極集中で永田町、霞ヶ関のルールですべてがんじがらめ。われわれは大阪に本部を置いて政治活動をやっていく」「これから全国でものすごい大軍(おおいくさ)がはじまる」などとブチあげた。

「3年後のことを予測できない連中が30年後、40年後の日本語る資格なし」

   橋下お得意のメディア批判と軽口も飛び出した。「大阪都構想、3年前にメディアはどう論じていたか。どこの新聞、テレビ、有識者もコメンテイターもバカばっかり。たかだか3年後のことを予測できない連中が、30年後、40年後の日本なんか語る資格なし!」などと、すでに大阪都を眼前にしたがごとく、得意満面で斬って見せたんであった。

バカのみのです

   「朝ズバッ!」司会のみのもんたは「バカばかり」発言が気に障ったらしく、「メディアはバカばっかり。私もバカだって言ってるワケ? 私もバカですかね、橋下さん」などと少しくムッとした様子を見せた。が、その後は「みのさんだけは違うって言ってほしかった」と笑わせた。

   みのは番組コメンテイター陣に話しかける際も、「バカばっかり」「バカ新聞」などとバカにこだわり、コメンテイターも「困りましたね」(金井辰樹東京新聞・中日新聞 政治部次長)と苦笑。とはいえ、バカ呼ばわりに対して、あからさまにムッとしたり、反論するコメンテイターはなく、大人の対応に終始した。

   ところで、ワイドショーのコメンテイターといえば、飛ぶ鳥落とす勢いの大阪市長もわりと最近までおつとめだった職業だ。バカばかりのなかでも、ひときわ言葉が軽々しく、粗雑で、品がなく、アジっぽく、変わり身が早いのが特徴と見えたが、それから変わったようで、なんら変わらぬようで。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中