寺島しのぶに長男「痛かったぁ。重量挙げの選手ばりに踏ん張ったぁ」

印刷

   女優の寺島しのぶが9月11日(2012年)に第1子となる男児を出産した。9月12日には所属事務所の公式サイトのコラムを更新し、「痛かったぁ。辛かったぁ。楽しかったぁ。重量挙げの選手ばりに踏ん張ったぁ」と感想を語った。

   9月13日には分娩室で空回りするフランス人の夫の様子を書いており、陣痛が始まってから「beautiful face!」と言って写真を撮ったり、水を飲ませるのに失敗して服を濡らしたりして寺島が怒ったという。しかし、子どもが出てくると涙を流して、「生んでくれてありがとう」と言う夫を見て、「本当にごめんねって思った」と書いている。

   また、「私の時は、もっと痛みに耐えられた」などと言いながら出産に立ち会った寺島の母は、一緒になって踏ん張っていたら貧血のようになって座り込んでしまったという。

「兎に角、私とべべのためにみんなの気が集まったもの凄いエネルギーの詰まった分娩室でした。先生始め、助産婦さんにも感謝感謝」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中