松下金融相「死なねばならなかった事情」次の選挙で落選必至!タダの人になるのが怖かった

印刷
「結局、私は都合の良い女だと思われていたんです。おかねを出せとも言わないし、表舞台にも出ようともせず、陰で支えてくれるし、他の男に目移りしないくらいに自分に惚れていてくれる…。私自身、女は男の後ろをついていくのが当然だと思っていたんですよ。でも、いまはそのことにあぐらをかいてきた松下さんが許せないんです。今頃になって、『私は貴女をズッと好いていました。惚れていました。愛している』なんてメールを送ってきますが、私の思いに真摯に向き合っているとは到底思えません。どうにか時間稼ぎをして、逃げようとしているのがミエミエです。たかが女一人のために大臣の座を降ろされたらたまったもんじゃないと思っているんでしょうね」

   これは「週刊新潮」が掲載した松下忠洋金融担当相(73)の長年の愛人だった時任玲子(70)の告白である。この記事が出ることを知った松下金融担当相は、9月10日(2012年)に自室で首つり自殺してしまった。報道によれば、室内から「密葬にしてくれ」などとする首相、閣僚、妻あて計3通の遺書が見つかったそうである。これまでも週刊誌には数多の男女のスキャンダルが掲載されたが、自殺者を出すというケースは稀である。

   彼が死を選ばなくてはならないほどの内容が新潮に書かれていたということか? 読んでみよう。愛人だった時任が松下と初めて会ったのは1991年1月のことだった。彼女は鹿児島の高校を出て水商売に入り、神戸の大型キャバレーでトップになって80年に自分のラウンジバーを始めた。そこへ当時は建設省砂防課長だった松下が二人の共通の知り合いに連れてこられ、同郷ということで意気投合する。当時の彼女と現在の写真2葉が載っているが、新潮の書いているように加賀まりこ似の美人である。

   二人は10月に「東京で出会った時、ホテルで男女の仲になりました」(時任)。 松下に妻子がいたとしても、ここまではよくある男女関係に過ぎない。だが、続いてそのころ彼が彼女に出した手紙の全文が載っている。

「玲さま いつもこまやかな心のこもったお便りありがとう いつも3回ほど、繰り返し読んでいます。
   そして、初めて肌を重ねた熱いニューオータニの朝のベットを胸キュンで思い出しています。そして加納町のオリエンタルホテルで朝まで過ごしたダブル(×)シングルベッド、いつの間にかおなかを出して、スキだらけで眠ってしまっている玲子姫の白い肌をドキドキして思い出しています」

   失神してしまっている彼女の大切なところにキスしていたことなども書き連ねている。

   その後、建設族のドンといわれた金丸信元副総裁のバックアップで93年の衆院選に自民党候補として出馬し初当選する。二人の不倫関係はその後も続く。時任は彼とのSEXをこう語っている。

「松下さんのエッチは品がなく、乱暴でした。自分本位ですごく慌ただしいんです。体位をコロコロ変えるし、動きが素早かったですね。手で激しく責めてくるんです。(中略)
   部屋を出る際に、松下さんは『お化粧代』としてお金を渡してくれました。だいたい5万円から10万円、多くて30万円でした」

   二人の逢瀬は年に2、3度しかなかったそうだ。

経済産業副大臣時代はテレフォンセックス「私に触る場所を優しく指示してくれました」

   松下は1度落選するも、09年に国民新党から立候補して政界復帰を果たし、鳩山内閣で経済産業副大臣になる。その年、彼女は神戸のラウンジを閉めて鹿児島に戻り家を建てる。そのころから松下がテレホンセックスを求めるようになったと彼女は語っている。

「松下さんから『電話をちょうだい』というメールが入ると、それが合図になって、しました。だいたい朝4時から5時が多かったですね。(中略)松下さんは電話でエッチをする時はすごく優しくなるんです。口数もいつもより増えますし、何か慣れている様子で、私に対して触る場所を優しく指示してくれました」

   続いて彼が彼女に送ったメールを2通載せている。一つにはこうある。「早く一つに繋がりたいです。いろいろ貴女を探検したいです」

   だが、だんだん松下からの連絡がなくなり、地元へ帰って来たときも翌日の新聞やテレビで知ることが多くなった。そして昨年3月11日の東日本大震災が起きて、松下は原発現地対策部長として福島に入り多忙を極める。だが、3月30日未明に「電話を下さい」というメールが彼から届く。彼女は鹿児島に来たのに知らせてくれなかったのはなぜかと問い質すが、一方的に電話を切られてしまう。

   縁あって好きになった二人なのに、別れ話もしないまま自然消滅みたいなやり方をする彼のことが許せないと彼女は弁護士を通じて手紙を出す。しかし、彼の対応は不誠実だと感じた彼女は、何度かやり取りの末、今年5月に彼と対面する。だが、高い金を要求するのはおかしいと難じたり、これまで「化粧代」として払っているじゃないかといい募り、最後に80万円入りの封筒を差し出したそうだ。彼女と会った9日後に、彼は金融・郵政民営化担当大臣に就任する。

   松下金融担当相は新潮の取材を受けてこう語っている。「私が彼女を無視するようになったと言っているようですが、それは全く違う。福島に打ち込んでいて、全く外界との関係がなくなってしまい、彼女ともそうなってしまった」

   男女の関係だったことも認め、いまでも愛していると話している。これを読む限り誠実そうな人柄のようである。前立腺がんを発症していたそうだが、治療を受けており命には別状なかったそうだから、自殺の動機ではないようだ。

女性スキャンダルでもめげなかった中川秀直、山崎拓の執念

   政治家の女性スキャンダルですぐに思い出すのは、宇野宗佑、中川秀直、山崎拓であろう。宇野はスキャンダルもあって、あっという間に総理の座から滑り落ちた。なかでも愛人に衝撃的な告白をされたのは山拓であろう。そのうえ、愛人が外国特派員協会で記者会見まで開いてしまったのだ。将来の首相候補だった山拓は落選し、その後も出馬するが当選する可能性はほとんどなくなった。だが、私が彼の元愛人にインタビューのため博多へ行ったとき、彼女は「まだやる気満々ですよ、あの人」と笑って話してくれた。

   宇野、中川、山崎は自殺せず、中川は衆院議員としていまだに永田町で大きな顔をして生き延びている。彼らと松下金融担当相を分けたのは何だったのか。時任の模泰吉弁護士がいっているように、「松下氏の女性の扱い方がヘタだったと言われても仕方ない」ところはある。セックスのテクニックやテレホンセックスのことをバラされ、晩節を汚されたと思ったのかもしれないが、「その歳でようがんばってはる」という見方もあるのではないか。

   私は自殺の動機は政治家という職業にあると思う。かつての自民党実力者・大野伴睦は「猿は木から落ちても猿だが政治家は選挙に落ちればタダの人だ」といった。総選挙は間近であるが、落ち目の民主党と手を組んでいる松下が所属する国民新党も苦戦が予想されている。ましてやこのスキャンダルが出て、当選する見込みはほとんどなくなった。

   中川、山拓にはもう1度永田町に戻るという強い意欲があったが、松下にはもともとそれが弱かった。このスキャンダルが明るみに出てしまうことで、生きる意欲まで失ってしまったのではないか。政治家には不向きな人だった思う。タダの人に戻るのが怖かったのではないか。週刊誌の記事が引き金になって起きた悲劇は、週刊誌の現場や私のようなOBにまで重い問題を突き付けた。

後援会も呆れた東国原の女好き―こんな男が最有力候補とは橋下新党しれたもの

   「週刊文春」では「日本維新の会」の目玉候補になるといわれている東国原英夫(54)元宮崎県知事の下半身スキャンダルをやっている。タイトルは「東国原は知事時代県職員含む20人以上と肉体関係に!」。いまさらながらと思わぬでもないが、彼の女好きは病膏肓に入っているようだ。知事当時の後援会関係者がこう証言している。

「就任後、まもなくして東国原は地元でも美人で評判の飲食店の娘と交際を始めました。しかし一方で、同時期に東京のOLとも付き合っていたし、頻繁に知事の家を訪れていた一般の女性もいます。他にも女性社長、水商売の女性、芸能人を志す女性などなど。あまりすごいので、私は途中から彼の女性関係を手帳にメモしていました」

   件の飲食店の娘の親族が、二人が別れたのは東国原の女癖の悪さからだろうと話し、最後にこう語る。「頭はいいかもしれないけど、女癖が悪い。どうしたってあれは治らないね」

   98年には東京の「イメクラ」で未成年の少女からサービスを受けていたとして警視庁から事情聴取され、5か月間の芸能活動自粛に追い込まれたこともある。

   女性関係もそうだが、もっと問題なのは宮崎県に骨を埋めるといっていた東国原は、知事に就任して2か月で国政に色気を出していたと憤る地元のかつての支持者や、「宮崎を踏み台にしやがって」と怒る高校の同級生の声のほうだろう。

   このような人間が維新の会の最有力候補なのだから、この会の内実もしれたものである。「スポーツニッポン」で政治評論家の岩見隆夫が「維新の会に幻惑されるな」とこう書いている。「橋下は次期衆院選に約300人(小選挙区と比例を合わせて)を擁立し、『過半数を目指す』と豪語するが、それは夢のような話だ。(中略)過半数は規定数(480)のもとでは241議席だから、7議席でスタートした新党が一気に30数倍に急膨張する勘定だが、そんな手品みたいなことが起きるはずがない」として、30数年前、ロッキード事件に反発して新自由クラブが旗揚げし、その直後に田中角栄が逮捕され、年末に総選挙があった時のことを思い起こせといっている。

   私も、この時のすごい新自由クラブ・ブームのことは覚えている。だが新自由クラブのとった議席はわずか17議席だった。岩見はそれより多少上乗せするのではないかと書いているが、メディア側に維新の会報道に自重を求めている。煽るな、バランス感覚を失うな、軽重の判断を誤るなと。私も同感である。

   文春は次期自民党総裁が有力視される石破茂が、銀座の高級クラブの女性と懇意だと含みを持たせて書いているが、読んでみると何のことはない。だが、文春のことだ、石破が総裁→総理になれば全容を暴くつもりかもしれない。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中