2018年 5月 22日 (火)

今秋はスズメバチとくにご注意!猛暑でイライラの働きバチが人間と接近遭遇

印刷

   こうも暑い日が続くと、誰でも少々調子が狂うのは無理もない。何日か前の夜、駅のホームで、ひとりで何事か呟き続けるサラリーマン風の男を見かけたが、駅からの道すがら、自転車に乗って大声で歌を歌う少年とすれ違った。イヤホンで音楽を聴きつつ、ひとりカラオケに興じている風であった。その何日か前にも別の自転車カラオケ男に遭遇したばかりである。今、調子っぱずれの歌を公道で赤の他人に大声で聞かせる(自分は耳栓をして)のが人気なのだろうか? なんにしても、こう暑いと大変だよな――ハア。気づけば、いつの間にやら独りごちていた。

涼しさ求めて巣の引っ越しも頻繁

   ところで、「朝ズバッ!」によれば、人間だけでなく、蜂もこの暑さ続きで変調を来し、凶暴化しているそうな。あるスズメバチバスター(駆除業者)は「働きバチもイライラしてくる。無差別攻撃が今年はとくに多い」などと話す。巣の駆除の仕事も増えているという。

   暑さでハチの巣の温度は上昇し、巣の中の幼虫が水分を欲するので、働きバチは水を求めに頻繁に外に出てくるそうで、人と遭遇しやすくなっている。また暑さを避けるために、巣の引っ越しも盛んだという。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中