石原さとみ「小栗さんとの掛け合い芝居、むちゃくちゃむちゃくちゃ楽しかった!」

印刷

   女優の石原さとみが9月18日(2012年)、出演したドラマ「リッチマン、プアウーマン」(フジテレビ系月曜よる9時)の最終回の放送を終えてブログで感想を語った。このドラマは小栗旬が演じる裕福なIT企業の社長・日向徹と、石原さとみが演じる就職難に苦しむ女子大生・夏井真琴のラブストーリーだ。

   石原は「小栗旬さんは本当に素晴らしい俳優さんでした徹底的な気遣いと、優しさに溢れる言葉や行動に何度も救われました小栗さんとの掛け合い芝居、むちゃくちゃむちゃくちゃ楽しかった!」と振り返った。リハーサルで初めて演技するシーンは「なんかもぉワクワクが止まらない(笑)」感じだったといい、本番でのアドリブがオンエアーで使われることもあって嬉しかったという。

「なによりもずっと私の前では日向徹でいてくれた だから私もずっとぶれずに真琴でいられた 本当に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです いつかまたお会いできる日を、そして、また一緒にお芝居出来る日を楽しみにしています☆」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中