「銭金」丸々パクリ!テレ東に道義ないのか…ビンボーをボンビーに変えただけの厚顔無恥

印刷

「あっぱれ!ボンビー遺産」(テレビ東京)9月14日19時~

   「頑張るボンビーさんたちを応援するバラエティ!」という宣伝文句に嫌な予感がした。が、ここまであからさまに真似られると絶句するしかない。構成作家が同じなのだろうか。にしても、それをやっては道義上問題アリだろうというほど「銭形金太郎」(テレビ朝日)にソックリだったのである。
   「銭形金太郎」(通称 銭金)以前にも貧乏暮らしを取材した番組は多々あるが、やはり「銭金」のインパクトが強い。レギュラー番組としてはすでに終了しているものの、時折、スペシャル番組として復活し、まだまだ人気も高い。昨年、日本テレビが「幸せ!ボンビーガール」という、これまた「銭金」の女性版を放送したが、半年ほどで終了したという経緯もある。
   違いは、「銭金」でビンボーさんと呼んでいた人たちをボンビーさんと呼び変えたことと、彼らの生活を象徴するような1品を「ボンビー遺産」として登録するかしないか、セレブ審査員がジャッジするというのは、この番組の唯一のオリジナリティなのだが、それも「ナニコレ珍百景」(テレビ朝日)でやっていることだ。
   MCはブラックマヨネーズ。ほかに、ボンビー調査員として、蛭子能収、野々村真、ケンドーコバヤシ、宮川大輔。番組内でお金がなくても頑張っている「ボンビーさん」大募集!と告知しており、第2弾も考えているようだ。厚顔無恥もいいところ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中