バドミントン「フジカキ」年内解散!「次の夢がある。目指すところ変わってきた」

印刷

   ロンドン五輪バトミントンで、日本に初のメダルをもたらした「フジカキ」が年内の国内競技を終えたあとペアを解消するという。唐突な印象を受けるが、ロンドン五輪以前から2人で話し合っていたという。

藤井「競技引退」、垣岩「新たなペアでリオ五輪めざす」

   20日(2012年9月)に行われたヨネックスオープンの女子ダブルスで、藤井瑞希、垣岩令佳組(ルネサス)は米元小春、三木佑里子組(パナソニック)に1-2で敗れた後、記者会見でペア解消を発表した。理由について、藤井は「まだ言えないが、次の夢があり、お互いに目指すところも変わってきたので、ペアを解消しようという話になりました」と話した。

どんな夢なのか

   ただ、10月の日本リーグと12月の全日本総合選手権には「フジカキ」ペアとして出場し、そのあと藤井は競技の第一線から退き、垣岩は新たなペアをさがして4年後のリオ五輪を目指すという。

   司会の加藤は「フジカキ」の銀メダル獲得の試合をロンドンで観戦しただけに残念そうだ。「藤井選手は次の夢があると言っていたが、どんな夢か楽しみですね」

   銀メダルペアに勝った米元、三木組のパナソニックも今期限りで休部の方針という。舞台が変わるのが早い。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中