2018年 7月 20日 (金)

ロンドン五輪放送、民放は数億円の赤字―放送権料高騰とCM不振

印刷

   日本民間放送連盟は20日(2012年9月)、ロンドン五輪放送の収支が赤字になったことを発表した。放送権料の高騰に加え、深夜の中継となったためCM収入が伸び悩んだためとしている。五輪放送は民放とNHKでつくるジャパン・コンソーシアム(JC)が国際オリンピック委員会に放送権料を支払い、バンクーバー五輪とロンドン五輪のセットで325億円だった。

   「ロンドン五輪の目玉はなでしこジャパンで、はたしてどこまで勝ち上がるかわからない段階ではスポットは売れなかったですね。決勝リーグ進出が決まってようやくという状況でした。結果的にメダルラッシュになったけれど、体操、競泳、柔道、レスリングをのぞくと、あまり期待されていなかったし、関心も低かった。メダルとスポットCMはつながりませんでした」(大手広告代理店スポーツ担当者)

   民放の五輪放送が赤字になったのは、JCが放送権を扱うようになった1984年のロサンゼルス大会以来初めてだ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中