2021年 5月 18日 (火)

<MJ presents 前田敦子スペシャル>
「私が失敗してもグループにマイナスにはならないと思う。私が消えるだけ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   賛否両論あるのは知っている。むしろ否の声の方が大きく聞こえることすらある。それでも私は前田敦子が好きだ。だから、たまらない番組だった。日曜夕方の歌番組「MUSIC JAPAN」のスペシャルバージョンで、AKB48卒業直後のあっちゃんのロングインタビューと過去映像、それと新たに収録したライブ映像を30分に収めている。若い女の子のインタビューは、画の動きがないのと話題を膨らませられないあっちこっちトークになりがちなので、長く見るのが辛い。そのあたりをよく考慮して、インタビュー・過去映像・インタビュー・収録曲のサンドイッチ型のつくりがうれしい。

「媚びたくない。万人うけしなくていい」潔癖さが愛しい

   学校を思わせるような明るい室内でのインタビューでは、まず白シャツを一番上まできちっと止めた衣装に「大人になったなぁ」とため息をついた。白シャツでバストアップだと制服にしか見えなかった彼女が、ちゃんと大人のお姉さんに見える。けれど、光を受けてツヤツヤ光る肌と涼しげな目元にはあどけなさも漂う。大人と子供の間の不思議な美しさで、不調が目立った近年に対して、悪い憑き物が落ちたというくらい可愛い。

   インタビューも見ごたえがあった。16~17歳のときに「万人ウケってなんだろう」と悩み、でも「媚びるのは違う(自分のスタイルではない)」と決意してしまう潔癖さが愛しい。アイドルなのだから、元気を与えるため好いてもらうために全力を尽くすことは当然というファンの中に、前田を傲慢と言う声があるのもわかる。けれどその分、「私、これ以上悪い部分というか、裏だけはないので」の言葉がリアルだ。「前田って性格悪そう」って意見は結構聞くけど、本当に性格の悪い女の子なら、そんな所業しません。自分にとって、それがどれだけマイナスかくらい計算できるから。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中