昨日と今日で寒暖差10度!寒いんだか暑いんだか…体追いつけず秋でも熱中症

印刷

   きのう24日(2012年9月)は雨の秋寒となったが、きょうは再び日中は30度を超えるという。寒暖差は10度。大きな気温変化は健康にどんな影響を与えるのか、「とくダネ!」が実験してみた。

週末は台風17号、18号日本直撃?さらに激しい気温変化

   20代から40代までの男女がまず気温29度の部屋にしばらくいたあと気温19度の部屋に移った。一人の女性は「肩のあたりが硬くなり頭が痛くなってきました」と話す。気象予報士の天達武史は「30度前後の気温では毛細血管が開き暑さを感じることができますが、10度も違う気温の変化には体が対応できません。このため、秋でも家の中にいて熱中症になることもあります」と話す。

天気が大きく変化

   司会の小倉智昭「これからの天気はどうなるの?」

   天達「日本の南側で低気圧が発生しています。さらに、台風17号と18号も生まれ、18号が先に来て、17号が次に来て週末に本土を直撃するかもしれません。急激な気温の変化が予想されます」

   台風が通過した後は、一気に秋ということなのだろうか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中