2018年 7月 21日 (土)

辻仁成「教養はあるけど遊び心のない政府の人たちの文化力に疑問視」

印刷

   「日本政府は日本の文化的財産価値にもっと気が付くべきですね。本当に、もったいない話です」と、作家の辻仁成が日本の文化政策について9月23日(2012年)の自身のブログで語っている。

   辻は韓国や中国には文化を輸出する「国家的な応援体制」があり、映画祭やブックフェアなどでメディア軍団を引き連れて宣伝展開していると言う。そうした点が日本政府にないと指摘し、「教養はあるけど、遊び心のない政府の人たちの文化力をおいらは疑問視しています。ね!」と締めくくっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中