バドミントン潮田玲子が引退「五輪メダルとれなかったのくやしい」

印刷

   バドミントン元日本代表の潮田玲子(28)が23年にわたる現役生活の引退を9月25日(2012年)、ブログで報告した。自身の夢であるオリンピックでメダルを取ることが叶わず、「悔しくないと言ったら嘘になります」「バドミントン生活に別れを告げた今、正直とても寂しいです」と語っている。最後はペアを組んだ小椋久美子や池田信太郎、スタッフたちに感謝の言葉を述べ、「私はアスリートとして最高に幸せでした」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中