仮面ライダー俳優・中村優一が引退「芸能とは違う道を歩んでいきたい」

印刷

   俳優の中村優一(24)が9月末日(2012年)をもって所属事務所のワタナベエンターテインメントとの契約を終了することがわかった。同社が9月25日に公式サイトで明らかにした。契約終了の理由を「現在、病状は回復し社会復帰できる状態になりましたが、芸能とは違う道を歩んでいきたいという本人の意向を尊重し、このような結論に至りました」と説明している。

   中村は2004年7月に「第1回D-BOYSオーディション」でグランプリを受賞。ドラマ「ごくせん」や「仮面ライダー響鬼」、「仮面ライダー電王」などに出演した。2010年8月に若手俳優集団「D-BOYS」の舞台を持病の腰痛悪化が原因で降板し、2011年11月には治療に専念するため同グループを脱退していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中