吉瀬美智子「パキスタンのお風呂で転倒。帰国して診てもらったら全治1か月の骨折」

印刷

   女優の吉瀬美智子(37)が足の指を骨折したと9月25日(2012年)にブログで報告した。映画のロケ地パキスタンのホテルの風呂場で転び、左足の人差し指を強打した。その時は「打撲で良かった~」と病院には行かず、痛み止めを飲んで撮影を続けたが、帰国後、治りが遅かったため病院に行くと全治1か月の骨折と診断された。医者から「折れてます」と聞かされた瞬間、急に「痛い」と感じたという。「自己判断はやめましょう!」と吉瀬は反省している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中