気象予報士・石原良純ぶ然「なぜ台風情報を無視するの!出歩いちゃ危ないのに…」

印刷

   台風17号がニッポン上陸して、広い範囲で強い風を吹かせ、都内でも夜にかけて強風に煽られながら歩く人が続出し、運休した電車に乗れなくて大勢が駅で待ちぼうけを食った。電車が風で「止まりすぎ」だと不満を持つ人も。

   そんな映像を見た番組コメンテイターで気象予報士の石原良純は苦笑しながら、いかにもモノ申したそうに苦言の口火を切った。「ボク思ったんすけどね、今回あれだけ天気が悪くなるってみんなわかってたと思うんだけど…」

「出ないでくださいと言っても、出かける人はいるんですね」

   強風の中を歩けば、なにかものが飛んでくる危険があるし、運転を誤ったクルマが突っ込んで来るかもしれないではないか。「本当に危ないですから、きのうみたいなときは外に出ないに越したことはないですね」

本当に危ないんです

   東京は昼間はよく晴れていた。羽鳥慎一キャスターが出歩く人たちを微妙にフォローするように言うと、石原は「でも、でも、四国の中継があったり、台風が来るって言ってたじゃないですか。『出ないでください』と言っても、人はでかけるんですね」と口をとがらす。

   強風の中を歩けば、なにかものが飛んでくる危険があるし、運転を誤ったクルマが突っ込んで来るかもしれないではないか――。「本当に危ないですから、きのうみたいなときは外に出ないに越したことはないですね」

   石原は天気予報を無視する人たちに延々とお小言を並べたてかねない勢いだったが、羽鳥が遮るようにして「そしてきょう以降のお天気なんですが」と進行した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中