NHK「梅ちゃん先生」念願の平均視聴率20%台回復!9年ぶり

印刷

   先週9月29日(2012年)に終了したNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の全編平均視聴率が関東地区20・7%、関西地区18・5%だったことがビデオリサーチ調べでわかった。「梅ちゃん先生」は戦後の東京・蒲田を舞台に、少女がみんなに慕われる町医者として活躍するストーリーで、京浜工業地帯の人々の人情を明るく描いて好評だった。

   朝ドラは2033年の「こころ」(21・3%)後は10%台の視聴率が続き、20%台回復をめざしていていた。9年ぶりの念願達成だ。これまで最高は「おしん」(1983年)の52・6%、最低は「ウェルかめ」の13・5%だ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中