米良美一の自宅押しかけ有吉、KABAちゃん勝手放題―嫌がることやって笑うイジメ不快

印刷

「とんねるずのみなさんのおかげでした×新番組フジ家の流儀 ぶちぬき2時間半SP」(フジテレビ系)2012年9月27日21時~

   この日は「とんねるずを泊めよう」と「フジ家の流儀」の2本立て。最初の「とんねるずを泊めよう」でとんねるずが押しかけたのは米良美一の自宅で、同行したのは有吉弘行、KABAちゃん、安倍なつみ。安倍は米良とプライベートでも仲が良く、マンションにも何度も遊びに来ているという。
   一行は部屋に入ったとたん、米良が大切にしている蓄音機を壊したり、地鶏を焼いて部屋中を煙だらけにしたり、しまヘビを放してパニックを起こしたりとやりたい放題。この企画自体がそういうことを楽しむものだとしても、人の嫌がることをよってたかってやって喜ぶのは、イジメの構図を見せられているようで気持ちのいいものではない。
   最後に米良が欲しがっていた最新式大型冷蔵庫をサプライズプレゼントすることで、贖罪のつもり、あるいは視聴者からの苦情を避けるつもりかもしれないが、お金さえ出せば文句ないだろうという発想が間違い。壊れた蓄音機は元には戻らないのだから。
   2本目の「フジの流儀」は、「キッズ脱毛はありかなしか」「男はトイレで立ってするか座ってするか」などの話題を、石橋貴明扮する父親を中心としたフジ家の人々が討論するというコメディ風トークのコーナーになっている。祖母に淡路恵子、娘にローラ、息子に栗原類と話題の人物を集めた嗅覚はフジらしいが、内容は凡庸。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中