大橋未歩アナ「東京都副知事」の論難にタジタジ!猪瀬直樹がカチンときたオリンピック発言

印刷

「ひらがなでニュース!」(テレビ東京)2012年9月30日16時~

   日曜夕方の単発番組。テレ東のサイトによると「尖閣諸島問題に、アップルとサムスンの訴訟…さらにはオリンピック東京招致まで、あの気になるニュースを女性目線で徹底的に掘り下げます。ゲストに今話題の専門家出演」とある。出演は大沢あかね、ミッツ・マングローブ、大橋未歩アナだったが、途中でなぜかミッツからはるな愛に変わる。
   「尖閣問題」を元外交官の孫崎享、「アップルとサムスンの訴訟問題」を元特許庁長官の荒井寿光、「オリンピック東京誘致」を東京都副都知事の猪瀬直樹に訊いていたが、ようするに「池上彰のよくわかるニュース」のテレ東版である。池上の代わりを各専門家がつとめ、ニュースの問題点や疑問をわかりやすく説明しようというものだ。
   セットは大きなソファのみ。長ソファの真ん中に専門家の男性を座らせ、大沢とミッツもしくははるなが挟む。大橋は一人掛けソファに座り進行役も兼ねる。クラブでホステスがお客に話を聞いている雰囲気を出そうとしているようだが、その意図がわからない。ニュースを女性目線でというと、なぜホステスになるのか。
   「オリンピックは新興国でやるべき」と発言した大橋に、カチンときた猪瀬がムキになり彼女を徹底的に追い詰めていく。猪瀬の言葉責めに窮し鼻っ柱が折れた大橋は見ものだった。つぶやきシローのナレーションもいい味を出していた。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中