「日本維新の会」橋下代表と国会議員団ギクシャク!早くも分裂含み?

印刷

   国政進出で注目の「日本維新の会」で、代表の橋下大阪市長と国会議員団の間が早くもギクシャクしている。松野頼久衆院議員らは「国会のことは国会議員が決める」と言い、橋下は「重要政策決定は代表が行なう」と不愉快そうだ。

「方針・戦略は僕の方が長けてる。松浪さんは維新じゃなければブログも読まれない」

   先月9日(2012年9月)の公開討論会で、「同じ方向性」「基本部分では一致」「価値観が一緒」と確認、さらに次の討論会を経て9人の国会議員が合流した結果、政党要件を満たして国政に出る体制が整った。しかし、その後に松浪健太議員がブログで「橋下独裁にはしない」「外交・安保では国会議員が議論すべき」などと書いた。橋下の「竹島は共同管理しかない」という発言を批判的に受け止めたものだった。

ケンカ早すぎないか

   松浪は3回目の討論会でも、国会議員と代表の意見が食い違ったときはどうしたらいいのかと提起し、橋下が「執行部で方針は決めるべきだ」と述べると、松浪は「橋下独裁とかいわれるので、そういうことはないんだといっていただきたい」と食い下がった。

   これには橋下がカチンとした。「(国会議員主導で)有権者がついてきてくれるのであれば、日本維新の会に所属しなくてもいい。松浪氏だって維新の会でなければ ブログのチェックなんかされなかったんですから。松浪議員もいろいろ考えてもらわないと」と、イヤなら出ていけば…と言わんばかりだった。さらに、「大きな方針とか戦略については、いまの国会議員であれば、ボクの方が長けてます。(政策の)大きな方針を決めるのがボクの役割。国政課題の一つひとつは国会議員が決めていきます。解散といわないとかは、ボクの立場でないと」ともいった。

   国会議員が決める云々についても、「変なパフォーマンスに走らないように」と言ったことについても、「議員はすぐ解散とか、政局とか、過半数割れだ、不信任だとか そんな話をするんで、ボクはクギを刺したんです」と強気だ。

橋下に不満でももう行き場のない国会議員あわれ

   司会の小倉智昭は「橋下さんの言うことに理があるように見えるが、まとまってないでしょうかね」

   時事通信の田崎史郎・解説委員は「いまはそう見えますよね。そもそも国会議員でない党首が大阪にいて、国会議員を遠隔操作するというシステム自体に無理がある」という。維新の会はテレビ電話やメールでコミュニケーションしているが、田﨑は「本当の意思疎通はできない。政治は人間同士」という。

   「企業・団体献金の禁止」「地方議員と国会議員は対等」という「党則」についても国会議員側は不満を漏らしている。田崎は「国会議員の方が上の人に従うということがわかってないのではないか。既成政党での心得は、義理と人情とやせ我慢といわれるが、それが嫌だという人たちが集まった」と話す。

   笠井信輔キャスター「当選してからだれが主導権となればいいのに、早すぎないか」

   田﨑「未熟だからです」(大笑い)

   小倉「自己主張すればメディアに出るし、選挙運動になると思ってるんでしょう」

   田﨑「そういう思いの人たちですよね。しかし分裂はない。もう行き場所がないから」

   有権者は彼らの置かれた状況を知っている。本当に再選されるのかどうか。新たに当選する議員より存在感を示せるかどうか。みんなが見ている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中