伊藤穣一「異分野組み合わせる異才」世界が欲しがる男を作った勉強嫌いと借金まみれ

印刷

   目まぐるしい変化で先が見えないカオス(混沌)の時代を生き抜くためには、常識を覆すイノベーション(技術革新)が不可欠という。

   そうした不確実な時代の寵児、いや先導者と言ったほうがいいのか、一人の日本人男性が昨年(2012年)秋、イノベーションの殿堂といわれる「MIT(マサチューセッツ工科大)メディアラボ」の所長に抜擢され、世界中の視線を集め続けている。

   伊藤穣一(46)。勉強嫌いでアメリカの2大学を中退したり、借金まみれのあげくナイトクラブのDJで生計を繋いだりと型破りのキャリアの持ち主だ。だが、08年にはビジネス・ウィーク誌の「ネット上で最も影響力ある世界の25人」に選ばれている。帰国したその伊藤に、国谷裕子キャスターがカオスの時代に生き抜くヒントを聞いた。

イノベーションの殿堂「MITメディアラボ」所長に抜擢

   「MITメディアラボ」は未来を作る研究所といわれる。LANシステムや電子書籍の文字表示など、世界を変えたシステムを生み出し、イノベーションの殿堂といわれている。こうした世界を変えるイノベーションを生み出すのが使命の第4代所長に、世界トップクラスの研究者200人以上の候補の中から伊藤が選ばれた。いったい何が評価されたのか。

   伊藤は数々のIT企業を立ち上げ、企業に投資する投資家でもある。ネットの知的所有権のルールづくり、人権擁護団体やネット上の市民ジャーナリストのグループなど、数々の国際組織のリーダーにもなっている。その根っこにあるのは、型破りの経歴が育んだ、誰も思いつかない異分野の人と人を繋ぐ力。これが高く評価されたのだという。

   国谷「いままでのMITの所長は博士号を持った人たちですが、伊藤さんは異文化の方々を繋ぐコネクターとしての役割を期待されて所長に就任されました。ご自分で選ばれた理由をどう見ておられますか」

   伊藤「いろいろな要素があると思う。そのDNAの雰囲気がピッタリ合ったのが一番のメインと思う。メディアラボの特徴は、一つの分野にまとまらない人、悪い言い方でいうと仲間外れ。どこにもはまらない、だけどメディアラボなら何とかなる。私も自分のやりたいことがあったが、一つの組織ではまとまりきれなかった。そういう人たちの集まりで、それがDNAです」

   予想もつかないバラバラなものの中から繋がりを見いだし、優れた機能を作りだす力だ。エリートコースから掛け離れた人生経験があったからこそ育まれた力なのだろうが、いつからその力に目覚めたのか。

「おりこうな人間には予想外のことやチャンスが見えない」

   伊藤は親の仕事の都合で幼いころから日本とアメリカを行き来しながら育った。勉強は大の苦手。何とか大学に入ってものの中退。転機がきたのは、父親の恩師だったノーベル賞学者の福井謙一の次の言葉だった。

「この世界は、大気の流れにしても株式市場にしても複雑な現象ばかりでまさにカオス。しかし、そこにはある一定の美しい規則性がある。カオスのことを勉強した方がいい」

   これを聞いて考えがガラッと変わったという。実社会で自らカオス、混沌を学んでいった。そして見えてきたのが、予想もしないところにこそ、互いに組み合わせると新しいことを生み出せる人たちがいることだった。

   そういう人たちを繋いで行くうちに、ITの世界的ネットワークを率いるリーダーになり、スティーブ・ジョブスに並び称されるほどの影響力を持つようになった。

   国谷「異分野をコネクトすることがなぜイノベーションに繋がるのですか」

   伊藤「今の世の中、想像できないことや予測できないことがしょっちゅう起きています。なぜ想像できないかというと、おりこうな人間が集まって企画を立て、言われる通りこなすちゃんとした人、ちゃんとした会社は、予想外のことやチャンスが周囲にあっても見えない、視野が狭いんですね。今のイノベーションで一番必要なのは、クリエイティビティ(創造性)でしょう。コネクターは固まった考えを壊すために違う世界に繋げていく。そうするとクリエイティビティが出てくるんです」

   伊藤は今年8月、新たな挑戦に動き出した。混迷を深める世界で、ネットの爆発的な力と政治を融合し、新たな国づくりを世界中で仕掛けていきたいという壮大な挑戦だ。

   番組では触れなかったが、その2か月前の6月にはアメリカの有力紙「ニューヨークタイムズ」の社外取締役に迎えられた。以前から既存のジャーナリズムに批判的だったが、その凋落の速さに危機を募らせ引き受けたらしい。

   これらの挑戦の結果、どんな答えが出るのか大いに期待したい。

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2012年10月3日放送「『混とん』に飛びこめ!MITメディアラボ所長 伊藤穰一」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中