<ナツメのオミミ>
夏目三久「そりゃ男にモテたいですよ」マツコも唖然!率直すぎる悩み告白

印刷

   コケティッシュ系のフリーアナウンサー・夏目三久がメインMCとなり、さまざまな分野で活躍するゲストの人生エピソードを聞くトーク番組だ。この日は同じテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜よる11時15分)で夏目と共演中のマツコ・デラックスをゲストに迎えた最終回だった。

「アンタ、もし女子アナじゃなかったら何になってた?」

   いつもならゲストの半生を振り返る30分だが、今回は立場が逆転、マツコがインタビュアーとなって夏目の半生に鋭くメスを入れていく。

   マツコ「もし女子アナじゃなかったら何になってた?」

   夏目「ファッション雑誌の編集者です」

   そう、マツコといえば女子アナとファッション誌の編集者に厳しいことで有名だ。こりゃ地雷を踏んだなと思ったら、マツコは「アンタは私が嫌いなファッション誌の編集者にはなってなかったと思う」と答える。もちろん、これは肯定しているのではなく、なにか含みがあるのだろう。

   案の定、ファッション誌編集者に思うことを諸々述べたあとに、夏目が着ていた青一色の無地のワンピースを指差しながら、「だって(ファッション誌には)こんな服載ってないじゃない。アンタにはファッション誌は作れないのよ」とバッサリ。さらに「はっきり言っちゃえば、男ウケしてないわよ、アンタの服は」ともう一発お見舞いする。これには夏目も思わず苦笑いだ。

   それでもマツコは憎みきれない魅力を夏目に感じているらしい。「でも、アンタの男目線をまったく意識せずに生きてる様は潔いと思うわよ」とさりげなくフォローを入れる。驚いたことに、それには夏目は間髪いれず「男性をちょっとは意識してますよぉ。そりゃモテたいですよぉ」と反論。さすがのマツコも唖然として、「そしたら、(その服のセンスは)間違ってるわよ、アンタ」と冷静にさとしていた。

番組最終回「私、これからどうすればいいのかなと思ってます」

   その後も、マツコは自身の半生などにも触れながら、夏目のアナウンサー人生を独特な目線で分析する。普段はマツコの毒舌を微笑みながら受け流す夏目だが、今回はその毒舌も親身なアドバイスとして心に響いたのかもしれない。

   最後に「私、これからどうすればいいのかなと思ってます」とマジで悩みを無防備に打ち明ける。マツコも「アンタ…、そんな根深い悩みがあったの!?」と再び驚愕する。「うーん」と考え込んだあとに、「一番ほしいものは何かを考えてみたら」とアドバイスしていた。

   それにしても、やっぱり夏目三久はいじられたほうが輝いて見えてしまう。アナウンサーらしからぬ原色の衣装、マツコに思わず本音をぶっちゃけちゃう素直さなど、現役アナウンサーの中でも異色だ。この回でこの番組が終わってしまうのは残念だが、次週からは新番組「ナツメ・道楽」が始まるとのこと。まだしばらく土曜の深夜は夏目三久から目が離せない。(テレビ朝日系9月29日深夜1時15分)

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中