TBS青木アナ、ブログで語った「決意」 「退社」後のことは…

印刷

   レギュラー番組「サンデージャポン」で、2012年いっぱいでTBSテレビを退社することを明らかにした青木裕子アナウンサー(29)は9月7日(2012年)午後にブログを更新し、

「20代最後の歳を迎えた今年、今一度自分自身と向き合ってみようと思い決意しました」

と、改めて退社についてつづった。

   番組では、東京スポーツが報道していた「寿退社」説を否定した青木アナだが、ブログでも

「今後のことはゆっくりと時間をかけて考えていければと思っています」

と触れるにとどまっており、交際相手のナインティナイン・矢部浩之(40)の名前も登場しなかった。

   その上で、

「未熟な私がアナウンサーとして仕事をしてこられましたのも、私を見捨てずにいてくださったスタッフ・共演者の皆さん、どんなときにも仲間として受け入れ教育してくれたアナウンス部の面々、そして、テレビの前で応援してくださった皆様のお陰です」

と、関係者への感謝の言葉をつづった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中