乙武洋匡「iPS細胞で手足が作れても…いらない(笑)」

印刷

   作家の乙武洋匡(36)がノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥教授の「iPS細胞」について、自らの考えを10月9日(2012年)のツイッターで語った。フォロワーから「乙武さんは、iPS細胞で手足が作れるようになっても、要らないって言うんでしょうね」と質問された乙武は、「うん、要らない(笑)」と答えた。このやり取りを見たほかのフォロワーから理由を問われ、「だってさ、みんな考えてみてよ。じゃあ、なんで、みんなは自分の顔を好みにする整形手術を受けないの?」と返答している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中