2018年 7月 23日 (月)

急性感音難聴発症のエレカシ宮本1ステージのみ復帰「少しだけ歌わせてくれ」

印刷

   急性感音難聴を発症したエレファントカシマシの宮本浩次(46)は、中止を発表していた10月14日(2012年)のコンサートでステージに立つことを10月10日、オフィシャルサイトで明らかにした。宮本が「ファンに直接想いを届けさせて欲しい」と希望したことで、「いつものエレファントカシマシのステージはもちろん出来ない」と断った上で、「ファンのみんなには勝手ばかり言って本当にすまないが どうか俺を野音(日比谷野外大音楽堂)で少しだけ歌わせてくれ」とコメントしている。

   宮本は9月に急性感音難聴を発症し手術を受けた。聴力は少しずつ回復しているが、依然不安定でリハーサルなど十分な準備ができていなかったため、10月のコンサートは中止が発表された。今後の本格的なステージ復帰は未定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中