宇多田ヒカル熊野古道で足首ねんざ「完治まで時間かかりそうで気が重いっす」

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(29)が熊野古道で足首をねんざし、靱帯を損傷したとツイッターで明かした。このことがスポーツ紙やテレビなどで報じられたことを知らされ、宇多田は「んなアホな。。ニュースがあんまり無い日だったのかしら…」と10月12日(2012年)のツイッターに書き込んでいる。

   宇多田は9月末に熊野古道を単身お遍路していた。数日たっても腫れがひかず、フォロワーからのすすめで病院に行き、湿布をもらったという。10月11日には「完治までまだまだ時間かかりそうで気が重いっす(´・(ェ)・`)」とツイートしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中