「宮部みゆき」初連ドラ出来損ない!詰め込み過ぎて「何のこっちゃ」と突っ込み連発

印刷

「宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー 第1回」(TBS)2012年10月8日20時~

   宮部みゆき長編デビュー作の初めての連ドラ化だというので期待して見たが、独りよがりで面白くなかった。多分、脚本化の失敗が主因である。テンポが速いのはいいが、重要な場面でのタメがないのでドラマに入り込めないのである。主演はNHK大坂制作の朝ドラ「てっぱん」で好感を持たれた瀧本美織、母親(財前直見)が主宰する女性ばかりの探偵事務所の調査員・蓮見加代子に扮する。
   愛犬マサは元警察犬で、肝心の時には加代子を助ける。今回はストーカーの目線を感じるという女(星野真理)がやってきて、調査を依頼する。加代子は依頼人のジョギングに付き合うのだが、その途中で、血まみれで倒れていた男を見つけ、110番しようとしたら携帯が圏外、公衆電話のあるところまで走っている間に、依頼人は具合が悪くなり、戻ってみると死体は消えていたという事件である。
   なぞは如何にも宮部調なのだが、1時間の間に事件の立ち上がりから人物描写、どんでん返しといろいろ詰め込みすぎてサスペンスも湧かず、筋を追うだけで精いっぱい。だから、見ていて「何のこっちゃ」と突っ込みたくなる出来損ないだ。いかにも視聴率低迷中のTBS作品らしい余裕のなさである。犬の声を演じているのは船越英一郎で、言わばナレーター。夜8時に合わせて子供にも関心を持たせようとしたのか。しかし、全く必然性がないし、間が抜ける。初回視聴率は9パーセントどまりで、パナソニック真っ青だろう。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中