TBSに「パソコン遠隔操作」犯行声明メール―私が真犯人。他にもやった

印刷

   殺人予告メールなどがまったく他人のパソコンから遠隔操作で送られていた事件で、「私がやった」という内容の犯行声明メールがTBSに10日夜(2012年10月)に届いていたことがわかった。メールには「報道されている大阪、三重の遠隔操作ウイルス事件は、私が真犯人」「警察・検察をはめてやりたかった。醜態をさらさせたかったという動機が100%」「遊んでくれてありがとう」「ウイルスは自分が開発したもの。Iesys.exeが実行ファイル」などと書かれていた。

   また、大阪、三重以外にも、「秋篠宮家長男が通う幼稚園襲撃」「横浜市ホームページの小学校襲撃」の予告メールも自分の犯行だとPRしている。捜査当局は真犯人の可能性が高いとして捜査をはじめた。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中