2018年 7月 21日 (土)

富士サファリ飼育員 象に襲われ死亡!出産の世話でラオスから来日中

印刷

   静岡県の富士サファリーパークできのう16日(2012年10月)、飼育員が暴れる象に押しつぶされて死亡する事故が起きた。死亡したのはラオスから象の飼育をするために日本に来ていたインサボン・カムホンさん(30)だった。

子ども象と離れたくないと食事も仮眠も象舎

   阿部祐二リポーターは「サムホンさんは15歳の時から象の飼育に関わり、今回暴れた母親像とともに昨年7月に来日しました。その母象が今月14日に子どもを生んだときには、日本語で『やった!』と嬉しい声を上げたそうです」と伝えた。富士サファリーパークの竹内大介さんは、「彼は5人の象の飼育担当の中のリーダー的存在で、子ども象が生まれる前後から、離れたくないからと食事も仮眠も象舎で過ごしていました」と話す。

なぜ檻の中に?

   司会の加藤浩次「なぜ暴れる象の檻の中に入ったのだろう」

   阿部「真夜中に母親象が子ども象をいじめ、子ども象が悲鳴を上げていたそうです。子ども象を助けるために檻の中へ入ったと思われます。
   カムホンさんのラオスの実家ではカムホンさんが子供時代に象を飼っていたことがあるそうで、その時の経験から、日本の飼育員に『象は1年に1回、突然暴れ出す。その時は檻の中に閉じ込めるしかない』とアドバイスしていたといいます」

警察は業務上過失致死で捜査

   コメンテーターの大沢あかね(タレント)は「それだけ象のことを知っていて、その危険性も分かっていたはず。でも、動物は予想もつかない行動をすることがあって、それが今回の事故の原因になったのかも…」と言う。

   阿部が「警察は業務上過失致死で捜査を始めるようです」と伝えると、宮崎哲弥(評論家)は「その捜査対象は誰になるのか。飼育員なのか」と納得のいかない表情を浮かべた。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中