「地震予知はエセ科学」「将来的には可能性ある」地震学会真っ二つ

印刷

   「地震予知は本当にできるのか。学会内の意見が二つに分かれました」と赤江珠緒キャスターが伝える。きのう16日(2012年10月)にはじまった日本地震学会の議論が番組で取り上げられた。

   予知批判でおなじみのロバート・ゲラー東大大学院教授は、地震予知が「予算獲得の道具になっている」と主張している。地震予知はじつに50年間の歴史があり、予知に成功したことは1度もない。しかし、「モーニングバード!」によれば、今年度も352億円の国の予算が付くなど巨費が投じられてきた。

巨額予算つく研究既得権

   今のところ唯一、予知の可能性があるとされるのが東海地震だ。地震の前兆とされる前兆すべりを観測すべく、静岡・愛知に27か所、観測装置を設置している。しかし、すべりがそれ以外の場所で起きることもありうるし、そもそも地震の前に前兆すべりが発生するとも限らない。ゲラー教授は「東海地震の予知も成功する根拠はない」と、まるで似非科学扱いである。

赤江:2つの意見

   一方、地震学者のなかには「将来的には予知ができる可能性はあり、研究を続けるべきだ」といった主張もあったという。

   どのような研究でも研究したければすればいいし、科学の世界では似非科学により進歩した歴史もある。そこに国がお金を出すどうかは、いつもシュリンク衰退財政難国家の大問題である。

   コメンテイターの萩谷順・法大教授は「国の予算がつくと、予算を獲得するために研究の重要性を主張する人たちが出てくる。政治がきちんと責任を持って(必要性を)判断するべきだ」と、政治の責任を挙げていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中