2021年 12月 1日 (水)

世界最高齢「父親」!インド96歳に赤ちゃん「そろそろ妻に避妊させなきゃ」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   これは盛り上がった。世界最高齢の父親になった男の話だ。インドのラマジット・ラグハブさん96歳 が今月5日(2012年10月)、めでたく元気な男の子を授かった。母親はシャクンターラさん52歳だという。ラグハブさんは「子どもの名前はランジットといいます。神様が私に授けてくださったんです。精力剤などは飲んでいませんよ」という。

専門医「生きている限り精子はできる。子どもを作ることは可能」

   医学的には可能なのだそうだ。東京EDクリニックの玄于享院長は「生きている限り精子はできる。子どもができるというところまでいくことは可能だと思います。普通ならば、96歳というとまあいろんな意味でね、引退ですよね」話す。

   キャスターの笠井信輔は「まさにインド人もびっくり」とくさい1発を放ったが、スタジオの反応はいまひとつ。笠井は「現役というのはやはりすごい。その元気の源に迫ります」と続ける。

   菊川怜キャスター「本当に96歳なんですか」

   笠井は「一応、記録が残っている」とギネスブックを引っ張り出した。92歳のオーストラリア 人というのが「最高齢パパ」の記録になっていたが、ラグハブさんは実は94歳の時にこの記録を更新していた。つまり、2年前にも子供を作っていて、今回は自己記録を更新したというのだった。いったい子どもは何人いるのかと調べたら、子どもは前回の子(2)と今回の子の2人だけだという。

   司会の小倉智昭「いままで何をやってたんだ!」(大笑い)

   25年前に前妻と結婚したが、妻は出産のときに子どもとともに死亡してしまい、以来ひとり暮らし。10年前の86歳の時に今の奥さんと再婚して、2人の子どもをえたというわけである。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中