染五郎「まだ手首にプレート」リハビリしながら12月からNHK大河収録

印刷

   8月27日(2012年)に舞台のせりに転落、大けがをした歌舞伎役者の市川染五郎(39)がきのう17日(2012年10月)、事故から51日ぶりに記者会見を開いた。骨折した右手首はまだサポーターを巻いたままだが、元気な様子で回復は順調のようだ。

「事故のときの記憶あまりなく、朦朧として体動かなかった」

   グレーの着物姿で現れた染五郎はまず「このたびは私のことでお集まりいただきまして誠に申し訳ございません」と深々と頭を下げた。事故の時の様子については、「正直、記憶があまり定かでなく、意識も朦朧として体が動かない状態でした」と振り返った。けがに関しては、右手首をぐるぐる回してみせながらも、「完全に動くようになるにはもう少しリハビリが必要です」。折れた部分には骨を安定させるためにプレートがはめ込まれている状態という。

お父さんに似てきた

   染五郎が転落したせりとはどんなものなのか。リポーターの中山美香が別の場所で実物を見せてもらった。染五郎が落ちたと同じ3メートルの深さ。中山は舞台中央部分のせりをのぞきこみながら「かなり高さ、ありますねえ。足がすくんで怖いなという感じがします」

   そんなところになぜ転落したのか。会見で染五郎は「本当に基礎的な部分でミスしたと思っています。一番気をつけなければいけないことを忘れていたということに尽きます」

   事故時のせりの状況については、「(演じていた作品は)私が自分で書いて、構成して、演出して、振り付けして、出演するという作品でしたので」と、せりが下がっていたことは確認していたことを認めた。「基礎的な部分でのミス」とは、所属事務所によると、片手を大きく振り足を踏み鳴らして歩く見せ場の「飛び六方」の出だしで、後ろに体重をかけたときのけぞってしまいバランスを崩したことのようだ。

「舞台に立って結果を出すことが本当の奇跡」

   万一のことも覚悟したという父、松本幸四郎について、「想像以上の心配をかけました。父のいう奇跡が起きて安心してくれたと思いますが、役者として舞台に立って結果を出すことで本当の奇跡を起こしたいと感じています」と復活に向けて意欲を語った。今後のスケジュールは12月から主演時代劇の収録、大河ドラマの撮影が始まり、来年(2013年)2月には歌舞伎公演が予定されている。

   内科医のおおたわ史絵は「今後はお稽古が最高のリハビリになります」。キャスターのテリー伊藤は「かっこ良くなったね。ちょっとやせて、さらにお父さんに似てきたね」

   この記者会見では報道陣に赤い袋に入った赤いラベルのシャンパンが配られたそうだ。「快気祝いという気持ちを込めて、ということでした」と中山がうれしそうに報告していた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中