橋下大阪市長「朝日許さん!」被差別部落出身だから人格否定か。便所の落書きと違う

印刷

   橋下徹大阪市長のルーツにふれた「週刊朝日」の連載記事で、橋下が週刊朝日と朝日新聞を激しく攻撃した。「人格を否定する根拠に先祖を暴き出すのは、一線を越えている」と、これは正論だろう。週刊朝日はきのう18日(2012年10月)に編集長が謝罪し、次号で「おわび」を掲載するとした。

週刊朝日新連載「ハシシタ 奴の本性」―編集長は謝罪

   問題の記事は、今週火曜日発売号に載った「ハシシタ 奴の本性」。ノンフィクション作家の佐野真一氏によるもので、橋下の「敵対者を絶対に認めない非寛容な人格」(同記事)の根にある本性をあぶり出すとして、橋下家のルーツを取りあげている。これまでも橋下の家系についての報道はあったが、橋下の人格形成に「血脈や被差別部落出身」があるとした点で、今回は意味が全く違った。橋下はおととい「説明がない限り、朝日の取材は拒否する」と表明。きのうの会見では、週刊朝日を非難し、さらに親会社の朝日新聞の責任にも言及した。

ここまで書くのか…

   橋下は「育てられた記憶もない実父の生き様や先祖のことだったり、地域が被差別部落であったとか、ボクの人格を否定する根拠として暴いていく、その考え方自体を問題視している」と述べ、さらに「人格のもとが血脈、DNAだという発想で、ボクとは無関係な過去を暴き出すのを認めることはできないし、違うんじゃないか」と怒りを露にした。

   また、被差別部落についても「どこがそうだと明らかにすることは、いまの日本では認められていないと思う。編集者は被差別部落についてどこまで勉強したのか、知っているのか。無知の集団だ。どうしようもない集団」と週刊朝日を非難した。朝日新聞出版が朝日新聞の100%子会社であることから、「便所の落書きとは訳が違う」と、会見にいた朝日新聞の記者に見解を求めた。記者は「編集権は別だ」といったが、「それは卑怯だ。トンネル会社を作ってやるのと一緒じゃないですか」

   記者個人に「被差別部落を明らかにすることは、公人としての私を判断する上で必要な情報なんでしょうか」と聞いたが、記者は「ボク自身はそういうことを肯定していません」と言うだけだった。

   「とくダネ!」の田中大貴レポーターが「連載はまだ続くと思うが」と聞いた。橋下はこれに「血脈ということは、人間は生まれてからの個人の努力でやっていけるということを全否定するもの。朝日新聞社が認めるんですから仕方ない」

   橋下のいいたいことははっきりしている。「公人だからある程度両親や先祖について書かれてもしかたがない」「人格を否定する根拠にするのは問題だ」「記事への見解、対応を聞くまで、朝日新聞の取材には応じない」ということである。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中