<1年前のワイドショー>橋下知事「独裁者」気取りで市長に鞍替え…ブーム陰りいまは連携相手探し

印刷

   橋下徹大阪府知事が大阪市長選出馬のために辞職を表明したのが、1年前(2011年)10月21日だった。ワイドショーも「橋下大阪府知事『日本の政治に一番大事なことは独裁』」(日本テレビ系「スッキリ!!」)、「橋下徹・大阪市長で『市役所ぶっ壊す!』都構想で何やりたいのか」(フジテレビ系「とくダネ!」)と、とにかく話題に事欠かないこの「政治家」を繰り返し取り上げる。

   知事投げ出しから10か月、大阪市長当選、維新の会、国会議員引き入れ、国政進出の「日本維新の会」代表と一気に駆け上がっていく。世論調査でも一時は政党支持率トップとなり、既成政党が連携を求めて門前市をなすありさまとなった。

   しかし、1年後の現在、さしもの勢いに陰りが見えて、次の総選挙では橋下がぶち上げた「維新単独で過半数」なんていうのは画餅で、かろうじて第3極の一部として、次期政権の連立相手として食い込めるかどうかに戦略変更せざるを得なくなっている。早ければ12月総選挙となりそうだが、このまま下り坂がつづくのか、ブーム再来を仕掛けられるのか、けだし見ものである。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中