角田美代子「殺人部屋」電飾ピカピカ、ガラス張り、棚に高級酒

印刷

   極道そのものの日常が徐々に明らかになっている連続怪死事件の主犯・角田美代子被告(64)の素顔とマンション生活の一端が明らかになった。これまで連行される車内で目だけが映った写真しか報じられていなかったが、「朝ズバッ!」が顔写真を入手。逮捕されるまで住んでいた尼崎市内のマンションの内部の写真もあった。

風呂場で被害者次々リンチ殺害

   顔写真を見ると、小太りで旅館の女将風といった印象で、普通の中年女性だ。だが、角田に食事に招かれたというたこ焼き屋店長の男性によると、「実物は写真とは全くの別人だ」という。司会のみのもんたが、「女性として魅力あるほうなの」とこの店長に聞く。店長は「女性という感じはまったくないですね。クセが悪そうで、『一緒に店をやらへんか』と誘われたが、いま思うと、殺す側として誘われたのか、殺される側だったのか、両方取れる感じ」だったと話す。

女性としての魅力?

   マンションの部屋はもともとは4LDK(74平方メートル)だったが、リビング・ダイニングを広くとるために3LDKに改装した。リビング・ダイニングのほかには和室と洋室2つ、浴室がある。

   まともな部屋はリビング・ダイニングだけで、あとの部屋は物置兼用で荒れた生活だったことがありありとわかる。競売にかけられ、評価額は861万円という。ここで多くの殺人が行われた。

   たこ焼き屋店長は招かれた当時をこう話す。「夜の8時過ぎに行くと、玄関ドアにはアーチ型の電飾がピカピカ光っていました。中に入ると、廊下一面がガラス張り。奥へ進むとリビングがあり、角田が外国製のソファに座って待っていました。

   テーブルには寿司や刺身、生ハムなどの総菜が並べられ、かたわらに角田の義理の娘、瑠衣被告(窃盗容疑で起訴)が給仕のようなことをしていました。壁際の棚には高価そうな酒ビンが並んでいましたね」

   この3LDKのどこで殺人が行われたのか。店長は「浴室ではないか」と推測する。

脅された男性「十分でお茶こぼして絨毯弁償しろ」

   8年前に角田と飲食店で知り合ったという女性が角田の脅しの手口を証言した。髪を金髪や茶髪の染めた4、5人の男が付き添っていて、「獲物と思ったら目つきが変わって座っているイスを後ろに引く。相手がトイレに行く時にわざと当たるようにして因縁を吹っ掛けていました」

   この女性の友人が脅された時のことだ。友人が角田に「おいで」と言われて行くと、角田がお茶を差し出して置く時にわざと倒し、「お前なんで倒すねん。この絨毯なんぼと思ってねん。30万円持ってこい」と形相を変えて怒鳴られたという。この後、手下の男に銀行まで連れて行かれ、その場で30万円を引き出させられた。角田のところへ戻ると、「警察に言うたら潰すぞ。地の底まで追って行くぞ」と脅されたという。

   自らは手を下さない狡猾な殺人鬼、角田美代子の周辺にはまだ8人もの行方が分かっていない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中