2018年 5月 24日 (木)

高くても売れる千葉の人気スーパーPB商品「妥協しない質・安全」一流メーカーと開発

印刷

   いまどきはスーパー業界も売り上げ前年割れが続くなど、景気がおよろしくないそうだが、そんな昨今に高価格で人気のスーパーがあるという。千葉県柏市を中心に8店舗を展開する京北スーパーだ。客は8割が60歳以上で、そうしたシニア層のニーズ――量や値段より質、安全・健康(減塩)――にマッチする商品を厳選して取りそろえている。

厳選素材のトマトケチャップ作りを四国の老舗に発注

   京北スーパーがとくにチカラを入れているのが、200種以上をラインナップするプライベートブランドである。スーパーのPB商品といえば、通常は割安、低価格のイメージだが、この店では花がつおが30グラム500円など、居並ぶ高価格商品よりさらに高い。それでも人気がおありなのだという。

   なんとなれば、地元の柏産の厳選素材のトマトケチャップを開発するに当たっては、はるか四国・高知に飛ぶ。そこにはケンショーという老舗の手づくりソース会社があるからだ。「やっぱりケンショーさんが日本で一番じゃないかと思っておりまして」と京北の専務。そんな老舗にも「ダメ出し」を繰り返しながら、数か月がかりで素材の味を生かしたケチャップを開発する。

   このように全国各地の一流メーカーと組み、妥協しないPB商品づくりを行うことで、高くても売れるんだそうな。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中