「地震予知」失敗で刑務所入り!アダになった政府関係者のひと言「ワイン片手に寛いでていい」

印刷

   「地震予知」の失敗で6年の刑務所入り――。2009年にイタリア・ラクイラで300人以上が亡くなった地震で、科学者5人、政府関係者2人に有罪判決が下された。

   「モーニングバード!」によれば、当時、ラクイラでは群発地震が発生していて、大地震発生の6日前に科学者5人、政府関係者2人が集まって今後の地震リスクを検討した。その後の会見で、一種の「安全宣言」が出されたという。「家でワインを片手にくつろいでいていいのか」と聞く記者に、政府関係者が「もちろん。モンテプルチアーノ(ぶどうの品種)がオススメだね」と話す場面もあった。

学者は「地震予知できないという話が安全宣言にすり替えられた」と反論

   こうしたことが被害拡大を招いた「過失」として断罪されたというのだが、関係者に話を聞いたという東京大地震研究所の大木聖子氏によると、科学者たちの言い分は違っている。彼らは「(検討)委員会では、普通だと群発地震の最後に大きな地震が起きることは少ないが、起きるかどうかはわからないと言った」と主張したという。「地震は予知できない」という話が安全宣言にすり替えられてしまったというのだ。大木氏は「政府がパニックをおさえようとして、科学者を利用した」と指摘する。

   もっとも「安全宣言」の場には科学者も出席していることから、彼らは政府に利用されっぱなしではなく、科学的な見地を述べる機会はあったのではないかといった疑問も番組コメンテイターからは出ていた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中