張り込み刑事襲い捜査車両乗り逃げ!警察じゃ珍しくない!?パトカー盗難

印刷

   ネット犯罪予告の誤認逮捕や「おい小池」の見逃しなど、このころ警察の不祥事が立て続けにワイドショーを賑わせているが、今度は捜査中の捜査員が襲撃され、捜査用のレンタカーを奪われるという事件が発生した。「前代未聞!?」と「モーニングバード!」のキャプションもビックリである。

処分甘く「始末書や本部長・署長の口頭注意」

   なんでも、警視庁の刑事がおとといの22日の夜(2012年10月)、横浜市鶴見区でクルマに乗って張り込み捜査を行っていたところ、男4人が取り囲み、クルマから引きずり出して暴行し、クルマを奪って逃げた。当時、クルマには刑事一人しかいなかったという。クルマは近くで見つかったが、犯人は行方をくらましたままだ。

   こんな出来事は「前代未聞」なのかというと、元兵庫県警刑事の飛松五男氏がオドロキの証言をする。現役時代、「同僚がクルマを盗られたり、パトカーを盗られることはよくあった」というのだ。パトカーを盗まれるとは世間的には失態に映るが、警察内部の処分は甘く、始末書や本部長・署長の勧告(口頭注意)で終わるそうだ。そのため、捜査員の緊張感が欠如しているのではないかという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中