石原都知事 辞職会見も言いたい放題「総理になるつもりない」「前原?貴様どこの大臣だ!」

印刷

   石原慎太郎・東京都知事がきのう25日(2012年10月)、 突然辞職を発表した。その観測はすでにあったため、都庁7階の会見場にはテレビカメラ32台、記者およそ250人 近くが詰めかけたが、まさかその場で「辞表」を取り出すとは予想していなかった。

   石原は記者の数に驚き、そして嬉しそうな顔になった。冒頭、「諸般の事情に鑑みて、きょうをもって東京都知事を辞職するとことにいたしました」と議長あての辞表を見せ、「これからもう1回国政に復帰しようと思ってます。新党をつくって仲間と一緒に」と理由を明かした。

「性根を据えて中央の役人と闘わないとこの国はあり地獄に沈んで窒息死」

   4期、13年8か月を振り返って、「東京のためだけでなく、日本のためになることをやってこようと思いましたが、国と関わりのある行政ではほとんど国の妨害にあって、非常に苦しい思いをした」として、矛先を官僚に向けた。ここからが石原節だ。「日本の財政はピンチにあるが、まだ余力がある。ただ、それを引き出していない、使えない。中央官僚は把握していながら隠している。中央官僚の一番の欠点は発想力がないことだ。だから、自分で判断して解決しようとしない」

なぜこの時期に?

   「例えば」として次々に例を挙げた。「文科省のゆとり教育で子どもたちの学力が落ちた。この過ちを公式に取り消しましたか」「厚生省。都会で保育所作ろうと思ったら、国の規格ではとてもできない。土地の値段の特殊性がある。が、国がやらないでだれがやるんですか」「それから、代議士の頃から取り組んでる横田基地の問題。何ていたっけ…前原? あれが外務大臣のときに日米で毎年やってる横田シンポジウムに、前原は『一地方の行事に国が関与する必要はない』といった。お前はバカか。 いきさつも知らずにエラそうなことをいって、貴様どこの大臣だ」

   そして、「性根を据えて中央の役人と闘っていかないと、この国はズルズルあり地獄に沈んで、そのうちに窒息して死にますな」「明治以来の官僚制度をもう1回シャッフルしなかったら国民が報いられない」「ということでね、私も命あるうちに最後のご奉公をしようと思った」と方向性は鮮明だ。

「どこと組むかって?選挙やってないのに愚問!小沢と組むことはないけど…」

   年齢を問われて、「まさしく80歳 なのよ。なんでオレがこんなことやんなきゃいけないの。若いやつしっかりしろよ!」。健康への不安には「ないね。さんざんチェックした」。後継者については「私は猪瀬さん(副知事)で十分だと思います。あれだけ優秀な副知事は見たことがない」といった。当の猪瀬直樹は「副知事の仕事をやる」、出馬の気持ちはまだないのかと聞かれると、「はい」と答えていた。

   新党の準備はできているという。「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表ら5人の参加が決まっている。石原は衆院比例で出るつもりだ。「どこと組むか」については、「(次の衆院選で)どこがどれだけ議席をとるかわからない。愚問だよ。小沢と組むことはないだろうが…。総理になるつもりはない。(国政に)トンネルが開いて風が通ればいい。テープカットに出る必要もない。それが私の宿命だと思ってる」と慎太郎節全開だ。面白い会見だった。

   橋下・大阪市長の日本維新の会との関係が注目されたが、憲法と原発ではちょっと微妙。維新と連携するみんなの党となるとさらに微妙。橋下は「石原知事らしい。最後の大勝負ですね」。みんなの党の渡辺喜美代表は「維新ではなく新撰組だ」といっていた。

   司会の小倉智昭「言ってることが説得力がある。でも、なぜ今の時期に?」

   時事通信の田崎史郎解説委員は、総選挙が来年2月頃だということと息子の石原伸晃議員が自民総裁選で落選したことがあるという。政治アナリストの伊藤惇夫は「次の選挙が終わったら政党はガラガラと崩れる」という。その時に石原はどこにいるか。民主党を見ているよりは確かに面白い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中