プロ野球ドラフト「してやったり!」の阪神―意中の藤浪晋太郎くじ引き戦で「獲得」

印刷

   プロ野球の新入団選手(の交渉権)を決めるドラフトが、ワイドショーのニュースとなった。なんとなれば、メジャー志望の高校生に「強行指名」が行われたからである。といっても、この話題はたいして盛り上がらず、羽鳥慎一キャスターが「今年はタマちゃんが言いたいことがあるそうです」と、タマちゃんこと赤江珠緒キャスターに話をふった。

タイガースファンの赤江珠緒キャスター「よかったです!」

   阪神タイガースファンの赤江は「阪神はよかったです」という。阪神は4球団で行われたくじ引き戦に勝って、注目選手の投手(大阪桐蔭高)の交渉権を獲得したのである。元プロ野球選手で番組コメンテイターの長嶋一茂も「あの大阪桐蔭のピッチャーは本当にいいですよ」と太鼓判。「いま大阪が燃えてます」(羽鳥)、「阪神に光当たってきましたね」(長嶋)と、ドラフト勝者の阪神が一気にスタジオの話題をさらった。

あのピッチャーいいよ

   元日本テレビアナとコメンテイターの元巨人選手が巨人の話に花を咲かせることはあっても、阪神が口の端に上ることは、極めて異例の出来事である。その阪神同様、タマちゃんもこの頃、番組ではすっかり影が薄い感じだが、けさ(2012年10月26日)は阪神の快挙に、屈託のない笑顔を見せていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中