古着から高級アウトドアウェア!いらなくなったらまた再生―何度でも使うアップサイクルが始まった

印刷

   廃棄処分されたゴミを価値の高い商品に生まれ変わらせるアップサイクルと呼ばれる環境ビジネスが、いま脚光を浴びている。廃棄物のリサイクル商品はどうしても品質や価格が落ちてしまうイメージが強かった。それを新技術やデザインで、高品質、魅力ある全く新しい商品を作り出すのだ。走り始めて数年だが、この動きが世界中でうまく回れば、地球に優しい、地球を救うビジネスモデルになる可能性も見えてきた。

廃棄衣服を利用できないか?分子レベルに戻して再生

   日本人が1年間に消費し、不要になって捨てる衣服は年間130万トンもある。このうち、古着として売られたり雑巾などに加工されリサイクルされるのはわずか19%に過ぎない。多くは異なる素材が混ざっていて仕分けが困難のため廃棄処分されている。

   ゴミとして廃棄される衣類をもっと再利用できないか。「帝人ファイバー」が商品化に成功した。その最先端の繊維製品リサイクル工場が愛媛県松山市にある。ポリエステル系の衣類を分子レベルに戻して、新品同様の原料に再生する工場である。でき上がったポリエステル糸の品質は、石油から直接作ったものと全く変わらない。しかも、品質が劣化することなく何度でも再生できる。

   「帝人ファイバー」はこの新技術を核に、アパレルメーカーを募り、再生糸で商品化したものを販売ルートに乗せてまた回収、これを永久に循環させる完全循環型環境ビジネスを目指している。

   しかし、すぐにはビジネスに結び付かなかった。リサイクル過程でコストがかかり過ぎ、石油から製造する従来の衣服に比べ2~3割高く付く。そのため、この糸を使って衣服を製造するアパレルメーカーは現れなかった。

   ところが、賛同する米国のアウトドアメーカーが現われた。都会で着る衣服と違って、登山などアウトドア用の衣服は高品質なら少々値段が高くても売れる。高品質を目標に掲げた日米共同のプロジェクトが立ちあがった。生地の強さや乾きの早さ、抗菌・防臭機能など20以上の品質テストをもとに200点を超える試作品の中から販売商品を完成させた。2年がかかったという。

   現在、国内はもとより世界中の70以上の直営店で販売していて、従来の商品よりも価格は高いが、売り上げは2~3割増という。また、店頭に古着の回収ボックスを置き、回収した古着をリサイクル工場に運搬するシステムも定着した。

   この成功で、これまでソッポを向いていた日本のアパレルメーカーが相次ぎ参入し、今では155社が参加している。環境ビジネスに詳しい早大ビジネススクールの長沼伸也教授が解説する。「古着を使うことで使用するエネルギーは8割減になるのですが、コストが高い。そこで魅力あるデザイン、商品づくりに力を入れた。しかも、環境に優しいという点で、企業の社会的責任という観点からコストは十分回収できると見たのでしょう」

クルマのシートベルトで蝶ネクタイ

   これとは別に、リサイクルがほとんど進んでいない産業廃棄物を使って、全く新しい商品の開発もすすんでいる。東京・原宿のファションビル内にある雑貨ショップだ。店内にあるカラフルなアクセサリー、バッグ、財布などはすべて廃材からできている。小学校から提供された椅子の背板でできたハンガーもある。廃車になったシートベルトは安全性からすべて廃棄処分になっているが、色や柄は300種類もある。これが高品質の蝶ネクタイに生まれ変わった。

   3年前から有名デザイナーと組んで、廃材にこうした付加価値をつけて新商品に仕立て上げているのが、NPO法人副理事長の青山雄二だ。2年前、廃材から高品質の商品を生み出すアップサイクルビジネスを目指し、都内の1店舗からスタートして、いまでは全国に100店舗にまで拡大している。

   キャスターの国谷裕子「シートベルトから蝶ネクタイとは驚きですね」

   長沼「シートベルトは1メートル2万円もする高いもので、しかも廃材にならないと得られない素材です。そういうものを活かす知恵は素晴らしいですね。これまで環境に優しい商品は、デザインや品質が悪いというイメージがありましたが、デザイン、高品質重視で作った結果、うまく回るようになった。まさに地球を救う動きに適うのではないですか」

   資源のない日本ならではの知恵を絞った新たな環境ビジネス、世界をリードするビジネスモデルとして動き出したようだ。

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2012年10月24日放送「アップサイクルの挑戦~動きだした循環型環境ビジネス~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中