三浦知良なぜカズダンス踊らなかった?フットサル日本代表で初得点

印刷

   45歳でフットサル日本代表に選ばれた三浦知良が初ゴールを決めた。キーパーがはじいたボールをスライディングシュートすると、ボールはゴールネットに吸い込まれていった。しかし、カズはお得意のカズダンスは踊らなかった。

相手ウクライナ監督もハーフタイムで指示「11番みたいに動け」

   カズの初ゴールはおととい27日(2012年10月)に北海道で行われた親善試合の対ウクライナ戦。阿部祐二リポーターは「世界ランキングで見ればウクライナの方が格上でした。そのウクライナを相手に3対1と快勝しました」と伝える。ウクライナ監督は「ハーフタイムの時に、日本の11番(カズの背番号)のようなプレーをしろと指示した。でも、間に合わなかった」と語った。

サッカーよりきつい!?

   司会の加藤浩次が「カズ選手は凄い。経験も豊かだし技術もあるが、でも、サッカーよりもグランドが狭いフットサルで、いきなりゴールを決められるものですか」と、ゲストの北澤豪(サッカー解説者)に聞く。北澤は「サッカーもフットサルもボールを蹴るということでは共通していますけど、ストップ&ゴー、止まっていきなり走り出すという点では、フットサルの方が回数は多い。体力的にはかなりきついはずです」と説明した。

「一番の新人の自分がそんな事しちゃいけない」

   加藤「そんなハードなスポーツで、どうしてあそこまでできるのでしょう」

   北澤「やはり彼の責任感からだと思います。日本代表に選ばれたのだから、恥ずかしいプレーはできない。全力を出し切ってプレーをしなければという強い思いがあったと思います」

   カズはゴールを決めたあと、なぜカズダンスを踊らなかったのか。三浦はこう話す。「自分はこのメンバーの中で一番の新人。新人はそんなことしちゃいけない」

   フットサルワールドカップはタイで11月1日から始まる。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中