さまぁ~ず大竹「はじめてのおつかい」おじさん版…飾らない粋がらない40男の好もしさ

印刷

「さまぁ~ず×さまぁ~ず」(テレビ朝日)2012年10月28日1時30分~

   さまぁ~ずの大竹と三村が客前でフリートークする番組で、魅力はなんといっても2人の自然体だ。いつも古着のジーンズを履いているが、そのクタクタ感が飾らない人間性を象徴しているかのようだ。
   トークの中身は日常のちょっとしたことや、仕事のこと家庭のことなどなんでもあり。とくに三村のお得意は家族の話で、家庭内の出来事を包み隠さず話すので、中3の長女の名前が衣音(いおん)で、小3の長男の名前が優羽(ゆうわ)ということも番組を見ているうちに覚えてしまった。三村に釣られてか、最近、フジの女子アナと結婚し長男をもうけた大竹も少しずつ家族話を解禁しているのも興味深い。爆笑問題の太田とは違い、政治や経済の話はまったく出てこないが、40代の普通のおじさんが考えていることや、暮らしぶりがわかる貴重な番組だ。
   この日は罰ゲームで、大竹が外食チェーン店「なか卯」に買い出しに行かされていた。カツ丼のごはん少なめ、きつねうどん、サラダ、カレー、デザート……。スタッフの注文をメモ書きし、いざ買い出しへ。大竹は出来上がった弁当とメモを照らし合わせて、ひとつずつ確認し、店員がサラダを忘れたことを指摘。フタが取れないようにお店のセロテープで自ら止めるなど慎重な性格が随所に出ていた。「はじめてのおつかい」おじさんバージョン。なかなか面白かったので、次は三村でやって欲しい。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中