ポルノより親に見られたくないナニコレ動画―全裸男が股間に棒付けトライアングルもどき演奏

印刷

   なんとも説明のむずかしい動画があったものだ。その名も「Video WTF Of The Week(今週のナニコレ動画)」というのである。最近、人気ユーチューブコメディアンのレイ・ウィリアム・ジョンソンさんがネタに取り上げて紹介したことで、あらたに脚光を浴びている動画でもある。

投稿説明なくコメント欄は「これって芸術なの?」

   その映像は約1分間ほどと短い。わりと広いステージでパフォーマンスが行われており、おそらくはプロが撮影して、テレビ番組として流れたもの(の一部?)と見られる。

   問題はパフォーマンスの内容だ。全裸に近い格好の男女が腕に歩行用の補助器具を付けて、奇妙な行動を取っている。とくに奇妙極まりないのは、股間に細長い棒を取り付けた男である。彼は体操用の鉄棒に似た感じの目の高さほどのバーを見つけると、腰を振って股間の棒を一心に動かし、バーに打ち付けて、トライアングルのように鳴らすのであった。

   動画投稿者による説明は一切なく、誰がどのような意図を持ってこのパフォーマンスをやっているのかは謎に包まれている。動画のコメント欄では、これは「芸術」なのかどうかが話題になっていた。「この動画を見てたら、親が部屋に入ってきたので、ポルノに変えた。そのほうが説明しやすかったから」というコメントも寄せられ、ジョンソンさんは「動画よりおもしろいコメントだ」と高く評価している。

   動画には「arte」というロゴが入っており、欧州のテレビ局のものとよく似ている。ここに問い合わせれば何かわかるかもしれないが、当探偵社の時間と予算の都合上、それは今後の継続調査課題とせざるをえなかった。ご了承ください。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中