<大奥~誕生 有功・家光篇>
堺雅人って意外に美形!男女逆転「大奥」男性諸氏にこそお勧め…価値観変わるゾ

印刷

   去年(2011年)の4~6月期に放送された「JIN-仁」以来、久しぶりの時代劇である。民放では時代劇は絶滅寸前だったが、「JIN-仁」で時代劇も受け入れられることが実証され、こういうドラマが後に続くのはうれしい。また、原作のよしながふみのマンガ「大奥」は評判が高く、友人も面白かったと言っていたので、私にとっては今シーズン期待の1つだ。

将軍が男だったらどうなるか?ひっくり返すと見えてくる新しい歴史

   「男一人に女三千、嫉妬と権謀うずまく大奥」というテーマは、女たちの衣装の華やかさ、そしてノゾキ趣味、はてはエロ期待もあって、昔流行ったこともある一大ジャンルである。これはそれを逆手にとって、男女逆転、将軍が女だったらどうなるかという一種のSFパロディだ。

   パロディは、自明とされている価値観を別の面から照射することで強烈な批判となる。ドラマを見る女たちは大いに面白がり、男たちは居心地の悪い思いがすることだろう。古今東西、ハーレムは1人の権力者の男を中心に作られてきた。そのことにほとんど全ての男たちは疑いを持たない。このように逆転の世界を目の前に見せられなければ。

   ただ、同じ原作による映画「大奥」(2010年)と比べると、映画が男女逆転が当然となった世界を描いているのに対し、ドラマはさかのぼって「なぜ大奥が男女逆転するようになったか」の説明をしている。そのせいか、映画の方がインパクトが大きかった。原作の順序に沿って作られているので、やむをえないが。

多部未華子の「将軍家光」運命の哀しさまだ演技不足

   僧である公家出身の万里小路有功(までのこうじありこと 堺雅人)は、春日局(麻生祐未)に無理やり大奥に連れてこられ、還俗させられて家光(多部未華子)の側室にさせられる。このように、実際の家光の側室だったお万の方と同じ境遇に設定されていて、史実のパラレルワールドとして見ることができる。呼び方も万里小路から「お万」と呼ばれるという念の入れ方だ。

   堺雅人は今まであまり美男だとは思わなかったが、公家姿はなかなかの美形で見直した。お付き役の田中聖も結構きれいな前髪若衆ぶりで、ちょっと意外。家光役の多部未華子はまだ調子が出ないのか、背負った哀しみが表せていない。

   ともかく、発想の奇想天外さだけでも、特に男性諸氏にお勧めしたい。なお、ドラマが終わる頃、またもや続編として映画が公開される。映画とテレビのコラボとしてのヒットシリーズ「大奥」が定着したようだ。(TBSテレビ系金曜よる10時)

(カモノ・ハシ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中