ファミレス人気メニューを自宅でそっくり再現!1000円シーフードスパが320円でできあがり

印刷

   主婦の間で「おうち外食」が人気なのだそうだ。ファーストフードやファミリーレストランの美味しいと思ったメニューを自宅で再現するのだという。わざわざなぜ?とも思うが、ファミレスでは1000円のハンバーグセットも、同じような味で家庭ならグンと安くできるのである。しかし、ファミレスがメニューのレシピを公開しているわけではない。どうやって作るのか―。

試行錯誤重ねて「見た目も味もまったく同じ」

   千葉県松戸市の小川亜矢子さんは5年前からおうち外食にハマっている。駒村多恵アナが訪ねると、自宅キッチンにはすでに有名ハンバーグ店の人気メニューやファミリーレストランの若鶏のグリルなどが4品が並んでいた。駒村が試食する。「実は私、味比べのために、直前に本物を食べて来ました。うん、美味しい、味もそっくり」

   気になる材料費だが、店では500円だったのが自宅で作ったら190円で済んだ。有名スパゲッティ―のシーフードスパは1000円だが、おうち外食なら320円で済んだ。

   問題はレシピだ。「おうち外食は『見た目そっくり』と『味がそっくり』がポイントです」と小川さんは言う。たとえば、若鶏のグリルなら、表面の照りと焼き加減をどうするか。表面の照りを出すためには、オリーブオイルに1時間浸けるという方法を発見した。焼き加減は皮を下にして7分、ひっくり返して9分、浸けだれを乗せて2分と3回に分けて焼いたらそっくりになった。おうち外食はこうした試行錯誤のたまものだったのだ。

ハンバーグの秘密は「マヨネーズと味噌」だった!

   味がそっくりが難しい。しょっぱさと甘さのあるハンバーグはマヨネーズ、味噌、和風ドレッシング、ケチャップ、ソースの5種類で何回も比率を変えて作り、最終的にマヨネーズと味噌がベースであることを発見した。

   井ノ原快彦キャスターが交ぜっかえした。「これだけ大変ならお店に行って食べようという人もいるよね。ならばお店も損しないし、万々歳だよね」

   いや、おうち外食は一種の遊びなのだよ…。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中