ドンキホーテ泡まみれ!配管壊し消火剤噴出…水掛けたらもっと膨れて一面真っ白

印刷

   きのう1日(2012年11月)午前11時ころ、東京・葛飾区の「ドンキホーテ青戸店」の立体駐車場2階で、軽トラックが天井のスプリンクラーの配管を破損し、消火剤の泡が吹き出して駐車場から道路に溢れ出した。この泡、意外に処理が難しく、プロの消防も一時はお手上げ状態になった。

消防士も悪戦苦闘…追えばフワフワ逃げる白い塊

   駐車場にいた客が撮った映像があった。「火事です。2階で火災が発生しました」という自動のアナウンスとともに、天井の配管から勢いよく泡が吹き出して、あっという間に床一面が真っ白になった。泡は傾斜した通路を伝って外へ流れていく。泡は界面活性剤、つまりは洗剤のようなものだが、水をかけると泡になって空気を遮断するので、ガソリンなど可燃物火災には最適とされる。泡は放水でさらにふくれ、かさも高くなって、ドンキホーテ前の歩道は腰の高さくらいまで泡で埋まってしまった。

体についても大丈夫?

   泡はマンホールに流れ込んで、これが別のマンホールから雪のように吹き出し、風で千切れてあたり一帯に飛び散った。珍しい光景にヤジ馬もあつまり、テレビを見てわざわざ駆けつけるヒマ人も多かった。

   処理に当たった消防士は43人にもなったが、水を掛けるのが商売だから、水が効かないとなったらお手上げだ。バケツなどでそーっと洗い流したり、雪かきのようにボードでかき寄せたりして悪戦苦闘。作業は夜の9時ころまで続いた。集めた泡は約2000リットル。専門業者が処理するのだという。

毒性高くないが、専門業者が処理

   司会の小倉智昭が「放水しちゃいけないんだ。泡は途中で止められないの? 体についても大丈夫なんだろうか」

   リポーターの田中良幸が同じような作りのフジテレビの地下駐車場にいた。天井に消火剤の配管がある。消火剤の液体に水をかけて泡を作ってみせたが、なるほどじゃんじゃん泡が容器からあふれでてくる。魔法使いのなんとかみたいだ。毒性は高くないが、泡は専門の業者が薬品で処理しないといけないのだという。

   小倉「駐車場の高さ制限2メートルとかいうのは、ちゃんと守らないと、泡が降ってくるんだ。実際の火災だと、消防車が放水するんだから現場はもっと泡にまみれる」

   深澤真紀(コラムニスト)「間違えて洗濯機に洗剤1箱入れちゃったとき、泡がとまらなくてどうにもならなかったのを思い出した」

   小倉「消火に効果はあっても、使った後のことはあまり考えない。皮肉なもんですけど、いい勉強になりました」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中