木村拓哉・米倉涼子「2強」争いになってきた秋ドラマ視聴率争い

印刷

   秋の連続ドラマが2週目に入って、視聴率争いは木村拓哉の月9「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(フジテレビ系月曜よる9時)と、米倉涼子の「ドクターX~外科医・大門未知子~」に絞られてきた。

   18・6%で秋ドラマトップでスタートした「ドクターX」が2回目は17・6%と1%下げたのに対して、初回はプロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズとぶつかって16・9%と後塵を拝した「PRICELESS」が、2回目は18・8%でトップに躍り出た。3位以下は13%台以下だから、今後もこの「2強」のシーソーゲームになりそうだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中